読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も3日分を掲載します。

 

 

未央へ

 

 前略

 

 今日はいい天気。

昨日は午前中から曇ってしまったけど、今日はいい感じ。

その分冷え込んだけどね。

 

なので、今日は外遊びが期待できます。

是非、暖かいころあいを見計らって公園などに出かけたい。

そう思っています。

 

今日は十三日なので、明日で希子ちゃんは一歳と十一ヵ月になるね。

希子ちゃん、オメデトウ。

これからは病気しないように、元気に育っていってください。

年が明ければすぐに二歳の誕生日だね。

お祝いしようね。

 

理子ちゃんは自由に動き回るようになったけど、

家の中では抱っこ紐で抱いているより見守りながら動いてもらってた方が良さそうだね。

少し表情も豊かになってきたようで見ていて飽きません。

 

もっと、もっと子ども達の成長に寄り添って生活したい。

そんな親として当然の望みがどうしてかなえられないのでしょうか?

それが子供たちのためになっているのでしょうか?

親としてよく考えてみてください。

 

 

お願いします。

 

 

平成二十六年十二月十三日

 

 

未央へ

 

 前略

 

 今日もいい天気。

今日も午前中は大丈夫かな。

 

気温は低いけれど、風はないし、日差しが期待できるから

外遊びは大丈夫だね。

 

たまには公園とか行って他のお友達とも触れ合ってみたいね。

子どもたちが自由に遊びまわれるように、

いろいろな環境を用意してあげれるように、

最善の配慮をお願いします。

 

「今だけ」じゃなく、

「しょうがない」じゃなく、

子どもたちにとっては「今」こそが大事。

 

そのことをよくよく考えてみてください。

このままでは本当に子どもたちがかわいそうです。

あなたの考え方次第で事態を変えることが出来ます。

 

 

お願いします。

 

 

平成二十六年十二月十四日

 

 

未央へ

 

 前略

 

 今日もいい天気。

その分冷え込みは厳しい。

 

昨日は会えませんでした。

会えると思っていて会えない辛さ。

あなたには分かりませんか?

 

子どもたちだって会いたいはずです。

どんな“用事”があるのかさえ説明ありません。

子ども達の様子もまったく知らせてもらえません。

夕方遅くになっても何の連絡もなく、ただ時間が過ぎていく辛さ。

 

あなたには分かりませんか?

 

これが逆の立場だったらあなたは平気でいられますか?

子どもたちも平気でしょうか?

 

何の説明もせず子どもたちとの時間を制限することは許されません。

きちっと予定を立てて、優先して子どもたちとの時間を確保してください。

私にも子どもたちにもその権利があります。

 

 

お願いします。

 

 

平成二十六年十二月十五日