読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も3日分を掲載します。

 

 

未央へ

 

 前略

 

 今日は曇天。

その分暖かい朝になりました。

 

昨日も会えませんでした。

子供たちの様子もまったくといっていいほど教えてもらえません。

どれほど心配かわかりませんか?

いったい何を考えているのですか?

 

子供たちを中心にした生活がなされているとはとても思えません。

子供たちには父親が必要ないとでも言うつもりですか?

 

近くに、いつも、居るのに会えない。

理由も明らかでない。

予定も分からない。

そんな生活を僕にも子供たちにも強いているのはあなたです。

そのことを確りと自覚してください。

 

子ども達のために。

 

 

お願いします。

 

 

平成二十六年十二月十六日

 

 

未央へ

 

 前略

 

 今日はぼちぼちいい天気。

ただ、風が強い。冷たい風じゃないから朝からは少し暖かく感じた。

 

昨日は三日ぶりに会えました。

毎日会えるようにきちっとした日々の段取りと

少なくと三日後までの予定組みをお願いします。

 

その日その日ではどちらも忙しないですし、子供たちも落ち着かないのじゃないかな。

粗い予定でかまわないので向こう一週間分は予め伝えておくようにして下さい。

 

会えない間は行動実績や生活の様子を必ずこまめに教えてください。

「元気です」一言の報告では用を成しません。

元気なのは当たり前、その上の子ども達の様子が知りたいのです。

遊びや食べの様子、入浴、就寝に起床の時間、その日の出来事など

親として当然知っておかなければならないことです。

ここのところは全くそれがなされていません。

それが不安の元ですし、義務としてきっちと改善してもらわなければなりません。

 

それが“毎日”何らかの理由で出来ないというのであれば

子供たちを返してください。

何日も様子も分からないままにされるのは耐えられません。

あなたもそのことは理解できるはずです。

 

 

お願いします。

 

 

平成二十六年十二月十七日

 

 

未央へ

 

 前略

 

 今日はいい天気になりそう。

明日も天気はいいみたいだけど、冷え込みが厳しいとか。

子ども達の体調気遣ってやってください。

 

昨日も会えませんでした。

子供たちと僕が会えるように最善の努力がされているとは思えません。

なによりも子ども達のために、

僕との時間を最大限もてるようにしてください。

 

夕方になればこの時期、暗くて寒いのは当然です。

午前中からお昼にかけて、天気がよければ暖かさも感じられるし、

北風が強くても室内で十分遊べます。

先日も提案しましたが、遊んでお昼を食べて、

少しゆっくりしてからお昼寝に戻るという形にすれば、

毎日会えますし、食事も共に出来ます。

 

予定を頻繁に問い合わせることも必要なくなります。

毎日いつ会えるか分からないような生活では子供たちも不安定です。

日課のような形で会えるようになれば一つ柱が出来て安定できると思うのです。

子供たちのために何が大事なのかよく考えてみてください。

 

 

お願いします。

 

 

平成二十六年十二月十八日