読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもたちへの手紙は続きます。

 

 

希子ちゃん、理子ちゃんへ

 

 

 きこちゃん、りこちゃん、おはよう。

きょうはあたたかいね。

くもっているぶんあたたかいみたい。

 

きのうはあえなかったね。

さびしいおもいをしていなければいいけど、とおもっています。

よるになってからあめがふって、

ねるときにすこしあめのおとがきこえたかもしれないね。

 

けさはあめがやんだので、そとをあるいてきたよ。

きこちゃんもそうだとおもうけれど、そとにでるのはきもちいいね。

これからてんきはよくなるみたいだから

できるだけおそとであそべるといいね。

 

りこちゃんはどうしてたかな。

もうすぐじゅっかげつになるからおすわりにつづいて

“つかまりだち”ができるようになるかもしれないね。

そうすれば“つたえあるき”をして

きこちゃんとおなじように

いっさいのころにはあるけるようになるかもしれないね。

たのしみだ。

あるけるようになるころのきこちゃんのじまんげなえがおがめにうかぶよ。

 

きょうはあいたいね。

あってたくさんあそぼうね。

 

おとうさんより。

 

 

平成二十七年一月二十七日

 

 

希子ちゃん、理子ちゃんへ

 

 

 きこちゃん、りこちゃん、おはよう。

きょうはいいてんき。

いつものようにさむくなったね。

かぜが“ぴゅーっ”てふいてるね。

おうちのなかにいてもかぜのおとがきこえるね。

 

どうしていますか?

きのうもそのまえもあえなかったのでしんぱいしています。

きのうもあさからは「ちゃいるど」にいってあそんだのかな。

おひるをたべて、おひるねをして、

そのあとはどうしていたのかな?

 

きのうはあたたかくていいてんきだったから、

きこちゃんはおそとでからだをうごかしてあそべたでしょう。

りこちゃんはいつものあつぎをすこしうすぎして、

かるくなってあそべたでしょう。

 

なにをしてあそぶのかしりたいし、いっしょにあそびたいです。

 

きょうはあいたいね。

あってたくさんあそぼうね。

 

おとうさんより。

 

 

平成二十七年一月二十八日

 

 

希子ちゃん、理子ちゃんへ

 

 

 きこちゃん、りこちゃん、おはよう。

きょうもいいてんき。

きのうよりさむくなったね。

あしたはゆきがふるかもってよ。

“ゆきやこんこん”だね。

 

きのうもあえませんでした。

きこちゃんやりこちゃんがどうしているかもわからないのでしんぱいです。

 

すこしでもあいたいのにね。

あってかおをみて、こえをきいて、だっこして、ふれあって、いっしょにあそびたい。

 

きこちゃんはきょうはなにしようか?

ひさしぶりにおそとであそぼうか。

りこちゃんはきょうはなにをしようか?

いぬのぬいぐるみであそぼうか。

 

きょうはあえるよ。

あってたくさんあそぼうね。

 

おとうさんより。

 

 

平成二十七年一月二十九日