読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も3日分を掲載します。

 

未央さん

 

 前略

 

 今日はまずまずのお天気。

午前中は砂場遊び、お弁当を食べてからお昼寝だそうですね。

僕も午前中から合流したい、お弁当も一緒に食べたい、図書館で「ちっちゃなちっちゃなお話し会」があるのでそっちも行こうと打診しましたが、きっと断られるのでしょうね。

あなたが“会うのが不安”という理由のために。

 

子供たち中心に考えてください。

 

こんなことが子供たちに及ぼす影響にあなたは責任を取れるんですか?

 

取れるわけがありません。

僕はあなたが心配するようなことは何もしません。

子供たちのために考え直してください。

 

午前中は子育て支援図書館に出かけ、お昼寝の後はおやつを食べて公園などで体を動かす。そんな日常を僕と子供たちに返してください。

あなたにはその責任があるはずです。

今日で十四日目です。いくらなんでもあんまりだし、もう十分ではありませんか?

 

子供たちの事を考えて行動を起こしてください。

 

心からお願いします。

 

 

平成二十六年十一月十六日

 

 

未央さん

 

 前略

 

 今日もまずまずのお天気。

昨日は理子ちゃんには会えなかったけれど、天気のいい日は毎日座布団を干してフカフカな状態にして待っています。

理子ちゃんが触れるのはほんのわずかな時間だけれど、“大事に思ってるよ”という気持ちが少しでも伝わればと思ってやっています。

 

 あなたも理子ちゃんも風邪の兆しがあるようですね。

ひどくならないように大事にしてください。

ここのところ急に冷え込んできたからだとはお思いますが、就寝中冷えないようにと二人の子供をひとりでみるのとふたりでみるのとでは自ずと違いがあります。

ふたりでみていればカバーできることもひとりだとできないこともあるでしょう。

 

あなたはできるつもりでやっているのでしょうが、無理やはみだす部分が出てくるでしょう。僕にカバーさせてください。そのために居るのですから。

もし、僕が居ないことで子供たちが風邪を引いたり、生活リズムが崩れたり、さびしい思いをしているとしたら耐えられません。

それはあなたもそうでしょう。

これも考え直すひとつのいいきっかけかもしれません。

自分のしている事を良く考えて行動してください。

子供たちのために。

 

心からお願いします。

 

 

平成二十六年十一月十七日

 

 

未央さん

 

 前略

 

 今日もいいお天気。

でも晴天が続くと乾燥が心配です。

そろそろ加湿機の出番ですね。

子供たち(特に夜間)のこと気遣ってやってください。

 

予防接種や皮膚科の受診など出来れば同行させてください。

現地集合でもかまいません。

特にインフルエンザの予防接種は僕も受けようと思っているのでついでです。

 

 これを書いているのは十八日ですが、届くのは十九日ですよね。

十九日には手元に花が届くと思います。

バラのアレンジですが、僕はあしらってあるブルースターに思いをこめました。

子供たちにも見せてやってください。

 

 この手紙があなたに届いても、あなたの心に届いているのか自信がありません。

けれど、将来子供たちの心に届くこともあるかと思って書いています。

是非子供たちの事を考えて、

母親だけでなく父親のそばにも居させるようにして下さい。

 

心からお願いします。

 

 

平成二十六年十一月十八日