読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も引き続いて3日分を掲載します。

 

 

未央へ

 

 前略

 

 今日は曇天。

日中は雨になるそうで、

朝は暖かく感じるけれど昼間は気温が上がらないから、体調管理に気をつけないとね。

理子ちゃんの具合がよくないとのことで心配してます。

 

今日は希子ちゃんの体操教室の日でしたが、

理子ちゃんの受診が優先でしょうから今回も欠席かな。

前回も欠席だったからとても残念。

希子ちゃんはからだを動かすのが好きだからいい機会なんだけどね。

 

あなたさえ僕と希子ちゃんを自由に行動させてくれれば体操教室だって参加できる。

あなたの身勝手な行動が体調面や子どもたちの豊かな成長の妨げになっていること、

もっと深刻に捉えなおしてください。

 

子どもたちのことは何よりも優先されるべきです。

確りと考えてみてください。

 

 

お願いします。

 

 

平成二十六年十一月二十五日

 

 

未央へ

 

 前略

 

 今日は雨。

昨日は子供たちとは会えませんでした。

体調不良というけれど、

そういう時こそ心配で会いたいということが分からないでしょうか?

 

恣意的に出入り禁止というならちゃんと自宅であわせるべきです。

僕にも子どもたちにもその権利があります。

 

子どもたちの体調を心配しています。

熱や咳、鼻水など逐一状態を知らせてください。

適宜通院し、薬などちゃんと飲ませてください。

独りよがりにならず、近くに私が居るのですからして欲しいこと言ってください。

 

何度も伝えましたが、

あなたの都合を子どもたちに押し付けるのはやめてください。

それは子どもたちも決して望んでいません。

 

 

お願いします。

 

 

平成二十六年十一月二十六日

 

 

未央へ

 

 前略

 

 今日は天気は回復。

朝は霧模様ですが、日中は暖かくなりそうです。

 

昨日も一昨日に続いて子供たちに会えず、この四日間で三日会えない状態です。

体調がよくないと聞けば心配でより会いたくなります。

夕方暗くなってから「合えない」と言われ

「会いに行く」と言っても「来ても家には上げない」と言われる理不尽。

あなたには分かりませんか?

 

こんなことは許されません。

子どもたちだって何故僕に会えないのか不思議で不安に思っていることでしょう。

ましてや体調が悪いときは父親にだってそばに居て欲しいと心細く思っているはずです。

そんな思いは無視、あるいは踏みにじって母親面をするのはやめてください。

 

何度も言いますが、僕は子どもたちの親です。

相応に会うのは当然のことです。

すぐさま考えを改めて子どもたちと僕が十分な時間を持てるようにしてください。

それがあなたのためでもあります。

 

 

お願いします。

 

 

平成二十六年十一月二十七日